似顔絵の可能性と出会い

  • LINEで送る

一枚々々の似顔絵は、お客様と描き手、アイディアと技術の掛け算により出来上がります。
お客様からの要望を似顔絵という形で表現するが私の仕事です。お客様からの要望を、期待していただいている以上のものに仕上げ、ハッピーを生み出し続けていけるような自分でありたいと、常に思っています。

『結婚式でAIさんの絵に全面スワロフスキーでデコレーションしたウェルカムボードを使いたいです』
先日あるお客様からこんな相談を受けました。
そのお客様は、ご自身でスワロフスキーを使ったデコレーションの会社を経営しており、オリジナルの商品や、スマホケース・バッグなどのデコレーションをオーダーメイドで受け、制作・販売しているプロのデコアーティストさん(petit♡chouchou)です!!

モデルでタレントの小森純さんの結婚式で使用された似顔絵にも、全面スワロフスキーのデコレーションを施し、小森さん本人のブログにも紹介されているほどで、、


そんな素晴らしい方がインスタグラムを通して私にお声をかけていただいたのです!

ただ、このお話をいただいた時に最初に頭をよぎったのが、私の絵のカラーリングの事でした。
何色も重ねて複雑な色味を使い立体感を出した絵の上から、果たしてデコレーションがうまくいくのだろうか。

『私の絵の色味では、デコレーションは難しくなるとおもいますので、単色塗りでよろしければお受けしたいと思います。』
感覚で感じた疑問と提案をお客様に伝えました。

『AIさんの絵のカラーリングはとても魅力的なので、そこを単色塗りにするのは惜しい気もしますがデコレーションをするのが目的なのでぜひお願いします!!』
このやりとりに、お客様と通じあえた瞬間がありました。

いつもと違うカラーリングで望む制作。一枚々々が「作業」ではなく「作品づくり」。新しいことにチャレンジする気持ちで描きました。
出来上がった絵がこちらです。

いつもより少し複雑なカラーリングを避け、なるべくべた塗りに近い色あいで仕上げました。
そしてこの絵の上からデコレーションし出来上がった作品が

一粒々々スワロフスキーをつけていく気が遠くなるような作業。。
さすがプロですね。。何度も何度も画像を見返しました。素晴らしい。。

他にもゲストの方にお配りする席次表にも似顔絵を使っていただきました。

可愛い〜♡♡とってもオシャレで、感動しました。

似顔絵にしかできないこと、似顔絵だからできること、いままでの概念を超える似顔絵の魅力を日々こうしてお客様から教えていただいています。
これから出会うお客様からの新しいアイディアを楽しみに描き続けていきます。